特定非営利活動法人ハマのJACK

ハマのJACKはクラシック音楽家集団で運営しています。

三又 治彦 Haruhiko Mimata

 理事長   


宮城県出身。桐朋学園音楽学部演奏学科卒業。2005年、ライプツィヒ室内管弦楽団と共演。2006年にNHK交響楽団に入団。現在ヴァイオリン次席奏者。2008年にはハマのJACK(現在は特定非営利活動法人)を仲間とともに立ち上げ、未来の音楽家支援を目的とした「金の卵プロジェクト」を実施。一流の音楽家達によるオーケストラのソリストを決める「金の卵ソリストオーディション」や年間15回に及ぶ「金の卵達によるサロンコンサート」の実施、名器の貸与等行っている。またクラシック音楽をより多くの人々が楽しめるよう家族で楽しめる音楽プロジェクトを精力的に企画し、親子で楽しめるオペラ「魔笛」、名作絵本に音楽を加えた朗読コンサート、地域に根差した「クリスマスキャロルコンサート」や動物の謝肉祭の現代版「野毛山動物の謝肉祭」等好評を博している。演奏活動だけではなくワークショップにも力を入れており、「ヴァイオリンを作ろう」を代表とするわくわく音楽工作室、プロの演奏家と共演できる「ハンドベルワークショップ」等これまでのべ1000人の子供たちと音楽を通じて交流している。NPO法人ハマのJACK理事長。